間違いだらけのスキンケア!?実は知らない洗顔の いろは

洗顔には人一倍努力して気を付けているのに、お肌がなかなか改善しなくて心が折れそう…。

そんな敏感肌でお悩みのあなた。
実は「お肌に優しい」だけではダメなんです。
一時しのぎではなく「イチから健康な肌を育てる」スキンケアをしてみませんか?

洗顔は毎日の事ですから小さなことの積み重ねが大事。
諦める前に、しっかりと正しい知識を手に入れて”無駄”な洗顔生活からお別れしましょう!

目指せ健康肌!知っておきたい洗顔料の選び方

そもそも洗顔料は使った方が良い?使わない方が良い?

敏感肌はお肌の表面が乾燥してボロボロの状態。
ここに刺激の強い洗顔料を使ってしまったら、肌荒れが改善するどころか逆に悪化させてしまうことになりかねません。

では「水」だけで洗顔したらいいのか?というと、答えは「NO」です。

特に女性の方はメイクをする方が多いと思いますが、 ほとんどのメイクは汗などで落ちにくいように油性成分が含まれています。
油は水に溶けない性質がありますので、メイクも水だけではなかなか落としきれません。
残ったメイクが更なる肌荒れの原因となりますから、洗顔料を正しく使うのは大切な事なのです。

ただし、肌があまりにもデリケートで何をしてもしみるような状態の時には、できるだけメイクを控えて洗顔料を使わず「ぬるま湯だけ」で洗うのが効果的。
お肌の状態が落ち着くのをゆっくり待って、そのあとで洗顔方法を考えてみましょう。

ぬるま湯洗顔の方法

ぬるま湯の温度は30℃くらい、感覚的には人肌より少しぬるい程度にしましょう。
勘違いされている方も多いですが、「温かくて気持ちいい」はちょっと熱すぎるんです。
ついついシャワーの熱いお湯でシャンプーやボディーソープと一緒に顔を洗い流していませんか?
皮脂は32℃くらいで溶け出すとも言われています。
お湯が熱すぎると皮脂が余分に落ちてしまいますし、逆に冷たすぎると毛穴が開かず汚れが落ちにくいのです。

洗顔フォームと石鹸の違い

洗顔料の中でもスタンダードな「フォーム(クリーム)」「石鹸」の2種類を比べてみましょう。

フォーム(クリーム) 石鹸
pH 主に弱酸性、中性 主に弱アルカリ性
かたち クリーム状も固形もある クリーム状も固形もある
配合成分
(洗浄成分)
合成界面活性剤 石鹸素地
:脂肪酸ナトリウム(主に固形石鹸)
:脂肪酸カリウム(主に液体石鹸)
メリット 弱酸性なので肌に刺激が少ない

食器や洗濯用洗剤にも使われる合成界面活性剤を配合しているので、洗浄力バツグン

天然成分である石鹸素地で優しく洗浄するので、必要な皮脂まで洗い落とさずお肌の成長を阻害しない

基本的に防腐剤、アルコールなど刺激の強い添加物が入っていない

デメリット 洗浄力が強力すぎるので、お肌に必要な皮脂まで余計に洗い落としてしまう(肌荒れ・乾燥の原因になる)

添加物がお肌の刺激になる事がある

弱アルカリ性なので、特に敏感肌の方には刺激が強い事もある

洗浄力は弱め

長い目で見れば、必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまうフォームよりも、
お肌に優しい天然成分で汚れだけを落としてくれる石鹸の方がお肌に良いと言えるでしょう。

ただし、石鹸は弱アルカリ性で刺激が強い事もある、などどちらも一長一短。
メリット・デメリットをしっかりと確認して自分のお肌に合った洗顔料を探すことが大切です。

敏感肌に優しい成分を知ろう!「健康なお肌を育てる」洗顔料選び

敏感肌の方ならついつい「お肌に優しい」「刺激が少ない」ものを選んでしまいがち。
でも、ただ刺激が少ないだけの洗顔料では敏感肌を根本から治すことには繋がりません。
お肌に優しいだけでなく、「健康なお肌を育てる」洗顔料選びをしてみましょう。

敏感肌は乾燥でボロボロな状態。
潤いを閉じ込める機能が損なわれているので更に乾燥して…という悪循環を引き起こしています。
汚れを落とすだけでなく潤いも与えてくれる、入っていたら嬉しい成分をまとめてみました。
洗顔料を探す時には、裏面(成分表)を確認してみて下さいね!

ヒアルロン酸 角質層の水分を抱え込み、
お肌内部からの水分の蒸発を防いでくれます。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 人のセラミドと似た構造を持っているので、
お肌になじみやすく、水分保持機能を高めてくれます。
スクワラン
オリーブスクワラン
天然の乳化剤。
不足している皮脂の代わりにお肌を守ります。
ラウリン酸
(ココナッツオイルなど)
抗菌・抗炎症作用でお肌の抵抗力を高めます。
お肌の老化防止にも。
セラミド
(特にヒト型セラミド)
お肌にもともと存在するセラミドとほぼ同等の化学構造。
不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持機能を高めます。

こんな成分には気を付けて

逆に敏感肌のあなたに気を付けてもらいたいのが以下の成分です。
すべて一概に「悪いもの」とは言い切れませんが、敏感肌にとっては刺激が強すぎるのです。

合成界面活性剤
(特に「石油系」)
食器用や洗濯用洗剤などにも使われる、
非常に洗浄力の強い成分です。
合成着色料
(タール色素など)
化粧品や食品などにも使われますが、
肌には刺激となる場合があります。
アルコール
(エタノールなど)
アルコールが蒸発する時に水分を奪うので乾燥に繋がる他、
敏感な人だと痒くなったり赤くなったりする事があります。
スクラブ 粒が肌に大きな摩擦を与え、肌の弱い方には負担になります。
○○硫酸ナトリウム
(ラウリル硫酸ナトリウムなど)
特に洗浄力の強い成分です。
合成香料 石油由来の成分で、強い刺激となります。

敏感肌のための「ホントに正しい」洗顔5ステップ

敏感肌に優しい洗顔料を見つけたら、今度は洗顔方法も考えてみましょう!
お肌を優しくいたわるベストな洗い方を5ステップに分けてご紹介します。

  • [STEP1]ぬるま湯で手と顔を軽くすすぐ

30℃前後のぬるま湯で、手と顔全体を軽く数回すすいで濡らしておくとともに汚れを落とします。
乾いたお肌に洗顔料をいきなりのせると、いくら柔らかな泡とはいえ摩擦が大きくなってしまいます。

  • [STEP2]洗顔料を泡立てる

理想はホイップクリームのようなキメ細かい泡。
手だけではなかなかキレイな泡が作れないので、洗顔用の泡立てネットが便利です。

  • [STEP3]顔を泡で包み込むように洗う

手がお肌に直接触れないように、泡で顔を包むイメージで洗っていきます。
目元や唇は他の部位に比べて特に皮膚が薄いので、できるだけ最後に洗うようにしましょう。
にきびや吹き出物など肌荒れの出やすいTゾーン(おでこや鼻のまわり)やUゾーン(顎などの フェイスライン)、最後に目元と唇という順番で、優しく洗います。

  • [STEP4]洗い流す

30℃程度のぬるま湯で、泡が残らないよう丁寧にかつ手早く洗い流します。
シャワーの熱いお湯をザバザバ顔に当てるのは厳禁ですよ。
鏡で洗い残しがないかチェックも肝心!

  • [STEP5]タオルで水分を吸い取る

決してこすらないで、トントンと優しく清潔なタオルでおさえます。

大切なポイント

・手が汚れたまま洗顔するのはモチロンNG!
汚れを肌に擦り付けてしまいます。しっかり手を洗ってから洗顔を。

・洗顔はトータル1~2分以内に終わらせる
時間をかければかけるほど、お肌の角質層や必要な皮脂を傷つけてしまいます。
洗顔時のお顔のマッサージは、敏感肌の方は逆効果になりかねませんのでやめておきましょう。

・洗顔はシャンプー・リンスの後に
シャンプーやリンスの成分は水だけではなかなか落としきれないもの。
洗い残すと肌荒れの原因になるので、髪を洗い終えてから洗顔しましょう。

「治らない」って諦めないで!

「敏感肌」という病名はないけれど、その症状は辛いもの。
体に良い食材を一生懸命食べるより、高価な化粧品を買い漁るより、
もっともっと身近な日々の洗顔を見直してみるだけで、あなたのその辛い症状が改善するかもしれませんよ。

敏感肌は治るまでに時間がかかります。
今まで見落としていたポイントをしっかりおさえて、毎日コツコツ「正しい」洗顔を積み重ねて健康的なお肌をゆっくり育てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です