【その保湿、全然足りない!】敏感肌を優しくケアする正しい保湿方法

何をしてもヒリヒリピリピリ、もう嫌っ!…そんなツライ敏感肌にお悩みのあなた。
元をたどれば「乾燥」が引き金になっている事が大半の敏感肌には、「保湿」が第一!

でも、保湿って具体的に何をすれば良いのかイマイチ良くわかりませんよね。
化粧水を使うだけ?それだけでは全然足りてません!
本当に敏感肌を改善したいという気持ちがあるならば、色々な角度からお肌の保湿について考えてみましょう。
きっとそのツライ症状を和らげるキッカケになりますよ。

そもそも敏感肌とはどういう状態?

敏感肌とは「お肌のバリア機能が損なわれている状態」のこと。

私たちの皮膚の一番表面には「角質層」と呼ばれる薄い層があります。
積み上げられたレンガを想像してみて下さい。

一面のレンガが角質層だとしたら、
その中のひとつひとつのレンガが「角質細胞」という細胞、
レンガとレンガの間を埋めているセメントの部分が「角質細胞間脂質」という脂質です。
角質層は外からの刺激(紫外線やウイルス、目に見えないような小さな汚れなど)がお肌の奥へ入り込まないようにバリアを張ってくれている大切な層です。

しかし、乾燥などをキッカケとして角質細胞間脂質の主成分である「セラミド(保湿成分)が失われていくと、細胞同士をくっつける力が弱くなり、せっかく作りだした新しく元気な細胞が剥がれ落ちやすくなったり、細胞同士に出来たすきまから異物が簡単にお肌の奥に入り込めるようになってしまいます。
その異物がお肌内部で炎症を起こし、ヒリヒリしたりかぶれたりといった敏感肌の症状となるのです。

乾燥から乾燥への悪循環

ちょっと難しいお話でしたが、敏感肌は「乾燥が原因でお肌の表面がボロボロ」だという事。
実は、お肌表面がボロボロだと外部からの刺激に弱いというほかにも大変な事が起こるのです。

なんと…乾燥を引き起こします!
乾燥が原因なのにまた乾燥!?ってカンジですよね。

敏感肌はお肌の表面がスキマだらけなので、内部の水分が簡単に逃げていってしまう上に、
天然の保湿成分であるセラミドが失われているので、お肌に水分をとどめておく事ができません。
なので、乾燥から乾燥へとまさに負のスパイラル。
ここから抜け出さない限り、ツライその症状は良くならないのです。

敏感肌の天敵は「乾燥」!重要なのは保湿すること

ここまで読んでくださったあなたはもうお気づきですよね。
「潤いを与える」事が敏感肌から脱出する最大のポイントなんです。

敏感肌に潤いを与えるためにおさえておきたい生活習慣

ひとくちに「保湿」といっても、やれる事はいっぱい!
健康なお肌を取り戻すために、身の回りの生活習慣から保湿のヒントを探してみましょう。

[洗顔]

お肌を育てる洗顔料選びや刺激の少ない洗い方は意外と正しくできていないもの。
コチラの記事にまとめてみましたので、是非読んでみて下さいね。

>>間違いだらけのスキンケア!?実は知らない洗顔の いろは

[洗顔後の保湿]

洗顔をする事によってお肌表面の皮脂が洗い落とされ、一時的にとても乾燥した状態になります。
敏感肌の方は落とした皮脂に対して分泌量が少なく、皮脂の補充が間に合わずに乾燥が進んでしまいます。
特に洗顔後のお肌のつっぱり感が長引くという方は要注意。
朝と夜の洗顔後にはしっかりと保湿をしましょう。
以下の成分が入った保湿クリームや化粧水がオススメです。

・NMF(天然保湿因子):
 お肌のバリア機能を保つために大切な天然の保湿成分。水分を吸着して潤いを保ちます。
・セラミド(特にヒト型セラミド):
 不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持機能を高めます。

ポイント

保湿クリームや化粧水はケチらず適量を使いましょう。
もったいないという気持ちもわかりますが、
量が少なすぎるとお肌の内部まで浸透せず、それこそもったいない結果に。

 

[メイク]

紫外線からお肌を守るためには、日焼け止めよりもファンデーションの方が刺激が少ないので、
特に女性は軽めにでもメイクをしてお出かけした方が良さそうです。

ただし、メイク後のクレンジングはお肌にとって大きな負担。
油分が多いほど水だけでは落ちにくくしっかりとしたクレンジングが必要になりますので、
洗顔料だけで済ませるために油分が少なめのものを選ぶと良いでしょう。

リキッドタイプやクリームタイプは油分が多い傾向がありますので、パウダータイプがオススメ。
天然のミネラルを使って作られたミネラルファンデーションは添加物が含まれていないので低刺激。
付け心地も軽めで、油分を含んでいないので洗顔料だけでちゃんと洗い落とせます。

ポイント

あまりにもお肌がデリケートで何をしてもヒリヒリしみてしまうような状態の時には、
できるだけメイクを控えてしばらくお肌を休ませてあげましょう。

 

[睡眠]

お肌のターンオーバーは寝ている間に分泌される成長ホルモンによって起こっています。
睡眠時間が不足すると成長ホルモンの分泌量が減り、お肌の代謝が悪くなることで保湿成分も作られません。
敏感肌はお肌の新陳代謝が崩れているので、睡眠時間をたっぷり確保してあげることが大切です。

※ターンオーバーとは
お肌の新陳代謝(生まれ変わり)のこと。
個人差や部位、年齢で違いますが、健康な場合およそ28日程度で新しいお肌に入れ替わります。

忙しくて睡眠時間がなかなか取れない…という方でも大丈夫。
睡眠の「質」を高めることでお肌の調子を整えることができます。
寝る1時間ほど前にはテレビ・スマートフォン・ゲームなど画面を見るのはやめて、ゆったりとリラックスした気持ちでお休みくださいね。

[入浴]

保湿成分であるセラミドは脂質の一種。
40℃程度のお湯に長い間浸かっていると体の外に溶け出してしまいます。
加えてお肌表面の脂質は32℃程度で既に溶けてしまっていますから、長風呂はあまり好ましくありません。
40℃のお湯に10分程度、を目安にしてみてください。

[お部屋の加湿]

お肌を直接保湿するのももちろん大切な事ですが、
特に空気が乾燥しやすい冬などにはお部屋をまるごと加湿してあげるのもお肌のため。
加湿器を使っても良いですし、濡らしたタオルをかけておく、
霧吹きでカーテンなどを軽く湿らせるというのも効果的ですよ。
ただし、加湿のし過ぎは部屋がカビの温床となり、カビアレルギーの原因にもなってしまいますのでご注意を。

美容のためのお部屋の湿度は60%前後が最適です。

保湿で健康的なお肌作りを

いかがでしたか?お肌の保湿の為に出来る事は色々ありましたね。
お肌の再生には時間がかかりますから、
毎日コツコツと小さなことを積み重ねていくのが健康肌への近道です。

大事なポイントをしっかりとおさえて、潤いたっぷりの健康的なお肌が育つお手伝いをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です