あなたも実は敏感肌?お肌トラブルでチェックする「本当の肌質」

憧れの美肌を目指して日々のスキンケアに余念のないあなたにお聞きします。
そのスキンケア、自分の「肌質」にちゃんと合っていると自信を持って言えますか?
お肌のためにと思ってやってきたそのスキンケアこそが、お肌をボロボロにする原因になっているかもしれませんよ。

お肌トラブルでお悩みのあなたこそ、
お肌からのSOSに目をつぶらずにしっかりと向き合って、自分の肌質に合ったスキンケアを考えていく必要があります。

スキンケアでお肌ボロボロ!?自分の肌質、理解しよう

お肌が弱い人と健康肌の人。
皮脂でテカテカの人と潤いが足りなくてカサカサの人。
色んな肌質の人がいるのに、みんな同じスキンケアで大丈夫なワケありませんよね。

毎日の間違ったスキンケアで逆にお肌を傷めつけている…なんて悲しい事にならないためにも、
自分のお肌は今いったいどういう状態なのか、どういうお肌トラブルが起きやすいのか、
などをしっかりと確認しておきましょう。

大きく分けて5種類の肌質。あなたはどれ?

肌質はザックリ5種類に分類でき、それぞれお肌の状態やトラブルの症状が違います。
以下の表でおおよその肌質を知ることができますので、まずは簡単にチェックしてみてくださいね。

肌質 イメージ 症状
健康肌
(普通肌)
すべすべ
つやつや
なんのトラブルもない健康なお肌。
しっとりしていてキメ細かく、見るからにやわらかそうな感じ。
季節の変化や加齢などでも特に大きなトラブルにはなりにくいです。
脂性肌
(オイリー肌)
テカテカ
ベタベタ
過剰に皮脂が分泌されている状態です。
皮脂が毛穴に詰まって毛穴が開いたり、ニキビや吹き出物が出来やすい肌質です。
乾燥肌 カサカサ
パリパリ
潤いがなく、お肌がつっぱって常にカサカサの状態。
乾燥から皮がペリペリめくれたり、かゆくなったりします。
気になるくすみや小じわが多くなりがちなタイプ。
混合肌 カサカサ
テカテカ
日本人が一番多い肌質です。
Tゾーン(おでこや鼻のまわり)は皮脂でテカりがちですが、Uゾーン(あごや輪郭)やその他の部分はカサカサ乾燥している事が多いです。
脂性肌・乾燥肌のどちらの症状も出てくるので、部位ごとに違うケアが必要です。
敏感肌 ヒリヒリ
ピリピリ
乾燥などが原因で肌本来のバリア機能が損なわれ、外からの刺激に極端に弱くなっている状態です。
髪や洋服が擦れただけでかぶれたり、化粧品がしみたりします。
放置すると悪化する一方なので、適切なスキンケアが必要です。

ただし、肌質は生活習慣や加齢などで移り変わるもの。
お肌の状態は常にチェックするようにしましょう。

厄介なのは「敏感肌」

5種類の肌質の中でも一番厄介なのが「敏感肌」です。

実は、敏感肌という肌質は他の肌質と違って医学的な定義がなく、そのため敏感肌という病名もありません。
「敏感で外部からの刺激にとても弱い」という曖昧な状態の肌を敏感肌と呼んでいるだけなのです。

敏感肌は主に乾燥や加齢、間違ったスキンケアによる肌への負担などが主な原因ですが、
何かとストレスの多い現代社会、ホルモンバランスの乱れやストレスが敏感肌を引き起こすこともあります。
放置したり間違ったスキンケアを続けると悪化する一方で、かゆみや痛みで日常生活に支障を来すこともあるでしょう。

その症状は敏感肌?お肌トラブルでわかるチェックポイント

病気ではなくてもちょっとコワ~イ敏感肌。
その代表的な症状をベースに、あなたが敏感肌なのかどうかもうちょっと詳しくチェックしてみましょう。

敏感肌の主な症状―コレに当てはまったら敏感肌かも!

☑季節の変わり目になるとお肌がパリパリに乾燥
不安定な気候や温度差といった環境の変化によるストレスで肌が荒れ、乾燥します。
他は問題なくても季節の変わり目だけお肌が不調になるという場合は「ゆらぎ肌」とも言います。

☑普段使っている化粧品や洋服で刺激を感じた
特に化粧品は変えていないし、洋服もいつも着ている服…
なのにある日突然ヒリヒリしたりかゆくなったり赤くなったりする事があります。
その日だけならたまたまお肌のコンディションが悪かっただけかもしれませんが、
長引くようならあなたのお肌が敏感になってきてしまった可能性があります。

☑日焼けした訳ではないのにヤケドみたい…
日に少し当たっただけで、ヒリヒリしたり皮がむけたりまるで日焼けしたかのような症状が起きます。
敏感肌はお肌本来のバリアが失われ、外からの刺激に大変弱い状態。
ほんの少しの紫外線でもお肌の奥に直接届いてしまうので、炎症が起こりやすいのです。

☑髪があたるとかゆい・プツプツができる
敏感肌は健康肌に比べてとても刺激に敏感になっていますから、
髪が触れるようなささいな摩擦も大きな刺激になり、かゆみやじんましんのようなプツプツを引き起こします。
髪を切った直後は毛の先端が尖っているので誰でもかゆみを感じる事がありますが、
日常から刺激を感じるようならそれは敏感肌かもしれません。

☑顔が火照って赤みを帯びている
敏感肌はとてもお肌が薄い状態で、血管が透けて見えやすい傾向にあります。
外からの刺激で炎症を起こして膨張した毛細血管が、
薄くなったお肌から透けて見えて赤みや熱を帯びる事があります。
自然な赤さ・火照りでない場合は要注意です。

☑乾燥してカサカサ、白い粉がふく
敏感肌は乾燥によって引き起こされる事が多く、乾燥肌と似たような症状も多いです。
こうした乾燥に加えてピリピリとした刺激を感じるようだと、敏感肌の可能性大です。

☑ニキビや吹き出物ができやすい
乾燥に加えてちょっとした刺激が肌の奥で炎症を起こすので、ニキビが出来やすい状態になります。
また、敏感肌になる原因のひとつであるストレスやホルモンバランスの乱れもニキビのもと。
ニキビだけでは敏感肌と決めつけることはできませんが、可能性は考えて。

自分の肌質を理解して正しいスキンケアを!

いかがでしたか?
敏感肌の症状に当てはまってしまった人も、落ち込んだり怖がったりする必要は全然ありません!
自分が敏感肌であると自覚して、それに合ったスキンケアを心がけていけばちゃんと治るのですから。

お肌からのSOSを見逃さず、自分の肌質にしっかりと向き合って憧れのつるすべ美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です