スキンケアの常識!敏感肌のための「メイクで選ぶ」クレンジングとは

毎日の習慣、クレンジング。

クレンジング剤には色々な種類がありますが、あなたは何を重視して選んでいるでしょうか。
お値段?成分?それとも洗浄力?
敏感肌のあなたは「低刺激でお肌に優しいもの」を心がけているかもしれませんね。

でも、ちょっと待ってください。
ナチュラルメイクやバッチリメイク…メイクは人それぞれなのに肌質だけで選んで大丈夫ですか?
クレンジング剤は肌質だけでなく「自分のメイクの濃さ」を基準に選ぶのが賢い人のやりかた。

自分に合ったクレンジング剤を見つけて、少しでもお肌の負担を減らしてあげましょう。

クレンジングはお肌のストレス、でも大切な毎日の習慣

ほとんどのメイクは汗などで落ちにくいように油性成分が含まれているので、水だけではなかなか落とせません。
そこでクレンジングの出番なのですが、クレンジング剤には「界面活性剤」という成分が含まれています。
界面活性剤は水と油を混ざりやすくして洗い落としやすくする洗浄剤なのですが、
お肌に必要な皮脂までごっそり流してしまい、お肌を乾燥させ敏感肌を悪化させる原因となる事があるのです。

「だったらクレンジングしない方が良いじゃん」?
それは大きな間違いです!

バッチリメイクでお出かけしたのに軽めの洗顔で済ませてしまったり、
ぐったり疲れて帰ってきたからといってメイクを落とさないまま寝てしまったりすると、
お肌に残ったメイクの油分やお肌の皮脂が酸化して刺激の強い物質に変わり、肌荒れを引き起こしたりお肌の老化を促進させたりするんです。

ほかにも毛穴に詰まったメイクがニキビや吹き出物の原因となったり、色素沈着によって黒ずんだお肌になったりとコワ~イ事がたくさん。
負担がかかるとはいえ、やっぱり毎日のクレンジングは必要であると言えるでしょう。

クレンジング剤はメイクで選ぶ!あなたに合ったクレンジングの選び方

刺激が強すぎるクレンジングを選ぶのはもちろん論外ですが、
逆にお肌に優しいものを求めるあまりに汚れを落としきれなかったら元も子もありませんよね。

どんなに低刺激なものを選んでもお肌への負担はゼロにはなりません。
ですが、あなたのメイクに合わせてできるだけ負担がかからず、かつしっかりと汚れを落とせるクレンジング選びをする事はできます。

クレンジングの種類はこんなにたくさん

クレンジングにはたくさんの種類がありますが、代表的なものをご紹介します。
それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたのメイク方法にピッタリのクレンジングを見つけましょう!

  • クレンジングオイル

主成分が油なので、同じ油性のメイクによくなじみ汚れを洗い落としやすいクレンジングオイル。
しっかりと汚れを落とせる洗浄力の強いタイプなのでバッチリメイクの方に最適。

ただし、まつげエクステ(マツエク)をつけている方は要注意!
マツエクの接着剤は油分に弱く、オイルタイプを使うと取れやすくなってしまいます。

メリット
・濃いメイクでもスッキリ、そして素早く落とせる
・メイク以外にも酸化した皮脂や角栓も洗い落としやすい
・オイル独特のなめらかな肌触りが気持ちいい
デメリット
・クレンジング自体の油分が肌に残りやすい
・油ですべるので、つい指に力が入ってお肌との摩擦が大きくなる
・洗浄力が高いため、必要な皮脂まで洗い落として乾燥のもとになる
・マツエクを付けている方には向かない

 

  • クレンジングリキッド

オイルが油独特のぬるっとした感触なのに対して、
リキッドは別名「水クレンジング」とも言われる通り主成分が水なので、サラサラとさっぱりした洗い心地です。

オイルに次いで洗浄力の強いタイプですが、主成分が油ではないのでマツエクが取れやすくなる心配も少なく、
マツエク+バッチリメイクの方に特にオススメ。
マツエクを付けている方は「オイルフリー」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

ただし、油分のかわりに洗浄力の高い「界面活性剤」が多く含まれており、皮脂を過剰に落としてしまいがちな面も。

メリット
・さっぱりした洗い心地
・洗浄力が高くバッチリメイクもしっかり落とせる
・マツエクをつけている方も使える
デメリット
・界面活性剤が多く含まれている傾向がある
・お肌と手との間にクッションがないので摩擦が発生しやすい

 

  • クレンジングジェル

トロッとしたジェル独特の弾力のおかげで、手とお肌との摩擦が発生しにくく負担が少なくなります。
ジェルタイプは大きく3種類に分けられていますので、用途に合わせて使い分けます。

「油性ジェル」はオイルタイプほど強力な洗浄力ではありませんがバッチリメイク向け
「水性ジェル(オイルイン)」は洗浄力が弱めなのでナチュラルメイク向け
「水性ジェル(オイルフリー)」は油分が含まれていないのでマツエク+ナチュラルメイク向け

メリット
・ジェル状なので手とお肌との間に摩擦が発生しにくい
・サッパリとした洗い心地
デメリット
・(水性ジェル)日焼け止めや濃いメイクは落としきれない
・(油性ジェル)マツエクを付けている方には向かない

 

  • クレンジングクリーム

水分と油分のバランスが良いクリーム状のクレンジング剤。
洗浄力はそれほど高くありませんが、クリームが手とお肌との間でクッションの役割をするので摩擦が起きにくいです。

高い保湿効果をうたっている商品が多く、洗い上がりのお肌が乾燥しにくい嬉しい特徴もあります。

メリット
・クリーム状なので手とお肌との摩擦が起きにくい
・保湿成分で洗い上がりがしっとりもちもち
デメリット
・クレンジング後のベタベタ感が気になる人も

 

  • クレンジングミルク

なめらかで洗浄力が弱く、お肌への刺激が少ないという点では敏感肌の方に最もオススメです。

ただし、基本的にはベースメイク程度のメイクしか落とせないので、
目元や唇などに濃い目のメイクをされる方はクレンジングミルクの他にポイントリムーバーを使用する必要があります。

汚れが落ちにくいからといってゴシゴシ擦ってしまわないように注意しましょう。

メリット
・洗浄力が弱いのでお肌への負担を最小限に抑えられる
・洗い上がりがしっとり潤う
・なめらかな手触りなので肌との摩擦が起きにくい
デメリット
・洗浄力の弱さから洗い残しが発生し、肌荒れのもとになる事も
・早く落とそうと無理な力を加えて洗ってしまいがち

 

  • クレンジングシート(拭き取るタイプ)

拭き取るタイプのクレンジング、手軽で簡単にメイクが落とせてとても便利なんですが、
厳しい言い方をすると敏感肌のクレンジングとしては「論外」です。

拭き取る際にどうしても強い摩擦が発生しますし、毛穴や細かい凹凸に落とし残しが出やすくお肌への負担が大変に大きいのです。
リキッドやミルクなど他の種類のクレンジング剤にも拭き取るタイプがありますが、こちらも同様です。

拭き取るだけでメイクを落とすために強い洗浄成分を染み込ませる必要があるという点も考えると、とてもお肌に良いものとは言えません。

疲れ果てて帰宅、クレンジングする暇があるなら一刻も早く寝たい!というような場合に、
メイクを落とさないよりはマシと思って使う程度にしましょう。
ただし、翌朝はしっかりと洗顔をしてお出かけ下さいね。

メリット
・拭き取るだけなので短時間で済み、手軽で簡単
・持ち運びに便利で、急な外泊や緊急時に便利
デメリット
・汚れを擦り落とすのでお肌への負担がとても大きい
・細かい落とし残しが肌荒れの原因になる
・頻繁な開け閉めに耐えるために防カビ剤、アルコールなどが使われている事が多く、刺激となる

 

クレンジングはスキンケアのスタート地点

スキンケアの基礎とも言えるクレンジング。
ここで間違った選択をしてしまうと、いくらお肌に優しい化粧水やメイクを使おうと無駄になってしまうかも。

クレンジングは「過剰すぎる洗浄力」はもちろん「過剰すぎる優しさ」も時として敵となります。
そのバランスを見極めるためにはあなたのメイク方法に合わせたクレンジングを探すのが一番。

ただし、クレンジングはあくまでメイク落としです。
敏感肌を根本から治していくには洗顔料や保湿、生活習慣の見直しが不可欠という事をお忘れなく。

正しいクレンジングで土台をしっかり固めて、健康肌を目指して焦らず地道にスキンケアを続けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です