【そのシミは消えない!】敏感肌にオススメできない美白化粧品のその効果

あなたは”美白化粧品”、「使ってみようかな~」と思った事がありますか?
敏感肌って、シミやそばかす・くすみなど気になるお肌トラブルが出やすい…
それでもやっぱりキレイなお肌を目指すなら、考えてみるのが美白化粧品ではないでしょうか。

(ちょっとお高いけれど)ドラッグストアでも売られていて、お手軽に手に入る美白化粧品。
気になるシミやそばかすを消すことができたらどんなに嬉しい事か!
しかし、世の中モチロンそんなに上手くはいきません。

使い方を間違えると意味がないどころか逆効果にもなり得る美白化粧品について、
今まで使ってきた人も、これから使おうと思っていた人も、一緒に考えてみましょう。

シミやそばかすが出来るワケ

白くて透き通ったお肌になりた~い!
その為には、まず何故シミやそばかすが出来てしまうのか知っておきましょう。

黒ずみの原因「メラニン」って何?

みなさんご存じだとは思いますが、シミやそばかすは「メラニン」が主な原因。

皮膚が紫外線など何らかの刺激によって危険を感じると、お肌を守るために「メラノサイト」という色素細胞に「メラニンを作れ!」と命令します。
するとメラノサイトの中の酵素が活性化してメラニンを作り出します。
メラニンは紫外線を吸収し、お肌へのダメージを抑えてくれる”イイ奴”なんです。…本来は。

通常、作り出されて表皮まで上がってきたメラニンは、お肌のターンオーバー(=生まれ変わり)によって外へ排出されていくので、シミやそばかすになる事はありません。
しかし、特に敏感肌の人はターンオーバーが乱れている状態。
メラニンが正常に排出できず、そのままお肌に留まったままになってしまったものがシミやそばかすなどの黒ずみなんです。
イイ奴だったメラニンが悪さをするのは、お肌の不調が原因だったんですね。

紫外線だけじゃない!シミが出来る大きな要因

ところで、シミやそばかすって日光(紫外線)に当たると出来るというイメージが強いですが、
実は紫外線以外にもいろいろな刺激がシミなどの原因となり得るんです。

紫外線 肌に炎症(日焼け)を起こし、シミやそばかすの大きな原因に
睡眠不足 お肌のターンオーバーが乱れやすい
飲酒 肝機能が衰えるとシミや肌荒れの原因になる
喫煙 ニコチンによって血行が悪くなるとお肌の老化に繋がる
ストレス 体をサビさせる活性酸素が発生、お肌が不調になる
摩擦 強い刺激が角質層を傷つけ、様々なお肌トラブルのもとに
ニキビ痕 炎症でメラニンが過剰生成、深い傷痕の場合は色素沈着にも

日焼け止めも塗ったし、シミ対策はバッチリ!なんて安心していると後悔するかも…。

特に敏感肌はちょっとした刺激でお肌に炎症が起こるので、もともとメラニンが過剰生成されやすい環境。
更にターンオーバーが乱れている状態なので、メラニンがお肌に残りやすいという事でもあります。
乾燥している事も多いのでお肌が老化しやすく、何も対策をしなければ将来シミだらけになっちゃうかも!

心強い味方…ではない!?美白化粧品

シミだらけなんて絶対イヤ!
そんな時に選択肢のひとつに挙がるのが「美白化粧品」。
しかし、悲しい事にこの美白化粧品、敏感肌にはNG!…と言ってもいいほど刺激の強いものが多いんです。

美白化粧品はメラニンを「抑制」する

シミなどの黒ずみに効果があると言われる美白化粧品には、こんな有効成分が含まれています。

  • VCエチル
    ビタミンC誘導体の一種。
    他のビタミンC誘導体より即効性・抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える
  • トラネキサム酸
    炎症を防ぎ、お肌の細胞が受けたダメージを改善する。
    ニキビ跡のシミ化や肝斑に特に効果があるとされる。
  • ハイドロキノン
    メラニン生成を強力に抑制し、既に出来てしまった色素を薄くする効果もある。
    ただし高価なものが多い(安価なものは濃度が薄いなど品質面に問題がある場合も)
  • コウジ酸
    歴史の古い美白有効成分。発酵食品などで知られる「麹菌」を培養して作られる。
    メラニンの生成を抑制し、安全性も高いと言われている。

メラニンの生成を抑える、というものが多いのがわかります。
そう、美白化粧品は「シミを消す」のではなく「シミが新たに出来るのを防ぐ」ために使うものなんです。

敏感肌に美白化粧品は強すぎる!

とても頼もしく思える美白化粧品ですが、敏感肌にとっては刺激が強く、使用するのはオススメできません。

オススメできない理由 その①
「メラニンの生成を抑える成分が強い!」

肌本来の機能を無理矢理抑える成分ですから、刺激が強いのは当然。
美白効果が高ければ高いほどお肌への負担も強くなり、健康肌の人でさえ刺激を感じることがあります。

オススメできない理由 その②
「医薬部外品が多い=効果は強いけど刺激も強い!」

メラニンを抑えるには強い効果が必要。
化粧品より効き目の強い”医薬部外品”が多いのはそのためです。
病院で処方される”医薬品”より効果は緩いものの、お肌への負担は大きくなってしまいます。

オススメできない理由 その③
「お肌の奥まで無理矢理浸透させてしまう!」

メラニンを作り出すメラノサイトはお肌の奥にあります。
通常はお肌のバリア機能に阻まれてお肌の奥まで美白成分を浸透させるのは至難の業。
そこで、「界面活性剤」によって皮脂などお肌の組織を溶かし、無理矢理浸透させるのです。
ただでさえバリア機能が低下している敏感肌にとって、大きな負担となる事は間違いありません。

オススメできない理由 その④
「”できちゃった”シミに効果はない!」

敏感肌だけに限りませんが、美白化粧品の多くは「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」もの。
つまり、新しくシミが出来るのを防止するためのものであって、既にできてしまったシミを消す効果はありません
信頼できるものでない限り、お肌が荒れる危険を冒してまで使っていくべきかどうか考えてしまいます。

美白化粧品に頼らず、白く透き通ったお肌を目指す!

美白化粧品に頼らなくても、美しいお肌を目指す方法は十分あります。
合うかどうかわからない化粧品を買っては捨てて買っては捨てて…なんてモッタイナイ事をする前に、日常生活にちょっと工夫を加えて体の内側から美白を目指してみてはいかがでしょうか。

例えば食事。
腸の働きが弱まって老廃物や毒素が溜まると、お肌にくすみや老化が出やすくなります。
発酵食品に含まれる乳酸菌がとても効果的に腸を健康に保ってくれますので、できれば毎日ヨーグルトなどの発酵食品を食事に取り入れるようにしましょう。続けることが大事ですよ!

それに加えて「紫外線だけじゃない!シミができる大きな要因」でご紹介した刺激を、出来るだけ取り除くこと。
紫外線は完全に取り除く事はできませんが、飲酒や喫煙は控えられますし、ニキビは痕にならないようにしっかり治療する事ができます。

そしてなにより敏感肌をちゃんと治していくこと。
健康なお肌はただ白いだけではなく透明感があり、自然で美しいお肌。トラブルの傷痕で新たにシミが出来る事もありません。
目先のシミやそばかすに気を取られず、正しいスキンケアや生活習慣によって敏感肌を治していく努力が一番の解決。
急がば回れ、地道にコツコツと敏感肌のための正しいケアを一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です